ミニマリズムとマキシマリズム - インテリアデザインの陰と陽

コットン ミニマリズムとマキシマリズム - インテリアデザインの陰と陽

インテリアデザインの選択は、私たち自身を反映し、"家庭的 "という感覚をどのように視覚的に解釈するかを示している。ここ数年、多くのインテリア・デザイナーやインテリアの専門家の間で、2つのデザインの方向性が脚光を浴びている。ミニマリズムとマキシマリズムである。「Less is more(より少ないことは、より豊かである)"と...そう、"More is more(より多いことは、より豊かである)"。

最高のシンプルさ

私たちの何人かは 好む オープンな空間、ニュートラルな色の壁、少ない家具でくつろぎ、心の平穏を得、落ち着きを保つ。しかし、ミニマリズムは単なるインテリアデザインの美学ではなく、生活哲学でもある。

ミニマリズムとは、シンプルさ、秩序、調和を意味する。所有物だけで人生を十分に楽しむことができるだけでなく、すでに持っている以上のものは必要ないということに気づく生き方である。シンプルな暮らし ミニマリスティック つまり、製品の購入に関わるすべての選択には細心の注意が払われているということだ。素材の原産地であれ、耐久性であれ。

ミニマリズムの生き方は、所有する物への執着の重さを感じないため、実際に必要な物についてより賢明な判断ができるようになり、多くの人が非常に解放的だと考えている。ミニマリズムは、すべてのものが目的を果たすような、より意図的な生活を送る方法を考える人生哲学である。

コットン ミニマリズムとマキシマリズム - インテリアデザインの陰と陽 (2)

ミニマリズムは、1950年代後半に抽象表現主義者への反発として初めて芸術用語として紹介された。当時、ミニマリズム運動の支持者たちは、抽象表現主義は気取った感傷的なものだと考えていた。彼らは、芸術はアーティストの感情的な状態のみを指すべきであり、作品は外的な動機から解放され、自律的な物体としてのみ見ることができると主張した。

今日、ミニマリズムにはさまざまな形がある。インテリアデザインやアートにおけるスタイル的アプローチである場合もあれば、ファッションデザインのカテゴリー全体である場合もある。環境保護主義者や社会活動家の中には、購入やリサイクルを意識的に選択することから、自らをミニマリストと表現する人も多い。

ミニマリズムのデザイン

ミニマリズムの原則を取り入れたインテリアデザインをお考えなら、ぜひコットネイドのアイデアをご覧ください。

  • 天然素材を選ぶ.壁を白や中間色の明るい色にすると、インテリアに涼しさが生まれます。木や麻、手織りの織物、植物など、自然の質感を少し取り入れて部屋を暖かくしましょう。
  • 時代を超越したアイテムに頼ろう。 より高品質で長持ちする製品に投資する。例えば タフト付きシートクッションあなたのインテリアにぴったりの色にカスタマイズできます。ハンドメイドのクッションは、そのタイムレスなデザインと多機能性により、一生ものの投資となるだけでなく、どんなインテリアのアクセントとしても最適です。
  • 断捨離。 不要なものを処分することは、リストの最初のタスクの1つです。数年間使っていないものは、たいていの場合、近い将来も、もっと先の未来も必要ないということです。部屋に呼吸するスペースを確保することは、ミニマルなインテリアデザインの基本です。
  • モノに新しい目的を見つけよう。 古い物やアイテムには感傷的な価値があったり、捨てるには惜しかったりすることがよくある。再利用や再利用は、ミニマリストの生き方にふさわしい戦略だ。なぜなら、自分の持ち物を創造的に使うことができ、同時に不必要な製品を節約するチャンスにもなるからだ。
コットン ミニマリズムとマキシマリズム - インテリアデザインの陰と陽 (3)

多ければ多いほどいい

ミニマリズムとはまったく対照的に、マキシマリズムは豊かさと多様性を賛美するインテリアデザインの美学である。 多ければ多いほどよく、大きければ大きいほどいい。マキシマリズムの視覚的表現は通常、色、形、質感に富んでいる。マキシマリズムは、インテリアの小さなディテールのひとつひとつに、共有され大切にされるべき思い出や特別な感傷的な瞬間が含まれていることを強調する。

マキシマリズムとは、空間に物を詰め込みすぎることを意味しない。特に上手に飾れば、マキシマリズムにインスパイアされた空間はとてもエレガントになる。カラーパレットを2色か3色に限定すれば、落ち着きのある豊かさの枠組みが生まれる。

マキシマリズム・インテリアの最良の例は、色と形の混沌とした不協和音に陥ることなく、明確な目的と感覚を持っている。複雑で、対立する要素さえも混在しているかもしれないが、そのインテリアは洗練されていて美しい。

コットン ミニマリズムとマキシマリズム - インテリアデザインの陰と陽 (4)

この2つのインテリアトレンドの発展を観察すると、マキシマリズムがここ数年で人気を博していることがわかる。インターネットが日常生活に積極的に存在する中で育った世代であるZ世代は、自分自身を表現したいという衝動が高まっており、それはマキシマリズムの美学を通じて最も簡単に起こる。

ファッションであれ、インテリアデザインであれ、マキシマリズムは、本当の自分を世に示したいときに最適なデザイン美学である。そして、このスタイルが好まれる理由はそこにある。ここでは、モノに対するセンチメンタルな愛着が重要な役割を果たし、より多くのモノを飾れば飾るほど、私たちのアイデンティティの表現が豊かになる。

コットン ミニマリズムとマキシマリズム - インテリアデザインの陰と陽 (5)

最大主義の美学を求めて

もしあなたがマキシマリズムこそ「くつろげる」デザインだと感じているなら、この美学でインテリアを飾る方法をいくつか紹介しよう:

  • すべては壁から始まる.一番好きなビビッドカラーを選びますが、怖がらずにもっとドラマチックに、壁の一面以上をその色で覆ってしまいましょう。柄のある壁紙も、特に大きな家具と合わせるなら、最高の選択です。マキシマリズムのスタイルでベッドルームをデザインしたいなら、イケアの ヘッドボードクッション ベッドに素敵なアクセントを与えてくれる。カラフルな スロークッション そして、あなたの寝室はすでに大きな声で "YOU "と言っている。
  • 形、形、形。 いろいろな形やサイズで遊んでみてください。曲線的な家具 オットマン クッションその結果、居心地のよい空間になる。家具は相性のいい色合いのものを選ぶと、部屋が過密な印象になりません。
  • 思い出を飾る。 マキシマリズムは自己表現であり、自分自身の経験ほど自分自身を表すものはない。長い時間をかけて集めたアクセサリーや装飾品を飾れば、インテリアに自分らしさが加わります。
  • 植物はいつでも歓迎だ。 部屋が圧迫感で混雑してしまうのが心配なら、観葉植物を置くと息抜きのスペースができる。あちこちにグリーンを置くと、カラフルな雰囲気が和らぎ、部屋が少し落ち着いた感じになる。

カラフルで派手で表情豊か、あるいはシンプルで穏やかで調和がとれている--マキシマリズムとミニマリズムは、多くのインテリアデザインのトレンドの根底にある2つのデザイン路線だ。正反対ではあるが、どちらも私たちが何者であるかについて多くを語っている。私たちは、陰と陽の間に自分自身とデザインの選択を見出す。どちらの動きも、私たちのインテリアを本当に私たちのものにするための、もうひとつの方法なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です